WHOは武漢コロナウイルスをCovidに改名— 19だがエボラウイルス病(EVD)の名前は固執

画像クレジット:Pixabay

世界中の政府の悪夢は、致命的なコロナウイルスの継続的な猛攻撃でますます高まっています。 国連の頂点にある医療機関であるWHOは、世界的な緊急事態であると宣言し、ウイルス株Covid — 19を非難や人種差別などの深刻な懸念を防ぐための標準的な対策として改名したことで、迅速に行動に移しました。 しかし、現在広く呼ばれているエボラウイルス病は、1976年に現在のコンゴ民主共和国のエボラ川の近くで最初に発見されました。 それ以来、ウイルスは時々人々に感染しており、アフリカのいくつかの国で集団発生を引き起こしています。

DOWが1100ポイント以上急落し、史上最大の1日ポイントの減少となり、同じ週の月曜日の以前の1,031ドロップを上回り、致命的なコロナウイルスがグローバルシーンでステージングするように設定されている他の混乱を想像するだけでした。 。

メディアがコロナウイルスの流行の報道と報道でおかしくなっている間、トップの銀行のCEOは大挙して辞任しています。

2003年のSARSの発生や2,977人の命を奪った9/11のテロ攻撃よりも多い3,048人以上がコロナウイルスによって殺されたことが記録に残されていますが、この発生が特に私にもたらした懸念がさらにあります。ウイルスが中国の武漢省を破壊していると報告された2019年の最後の日からの話に従っています。

この出版物に従って2月11日、世界保健機関(WHO)はCOVID-19である武漢コロナウイルスの標準名を採用したことを発表しました。 これは、頭字語が2019年から武漢を揺さぶったコロナウイルス病から得られたと安全に想定できます。即時効果により、地元および国際の両方のメディアは、さまざまな国の疾病対策の中心であり、ソーシャルメディアおよびインスタントメッセージの会話はほぼすぐに守られました。

これは間違いなく興味深いものですが、WHOのような組織がコロナウイルスなどのパンデミックの標準化された名前を作成して採用する理由について、さらに深く掘り下げることにしました。

WHO事務局長

WHOの事務局長であるテドロスアドハノムゲブレエサス博士は次のように述べています。

「まず第一に、私たちは今この病気の名前を持っています:
COVID19。 つづります。COVIDハイフンワンナイン— COVID-19。 WHO、@ OIEAnimalHealthと@FAOの間で合意されたガイドラインの下で、地理的な場所、動物、個人または人々のグループを参照せず、また発音可能で病気に関連する名前を見つける必要がありました。」 …名前を付けることは、不正確または非難される可能性のある他の名前の使用を防ぐために重要です。 それはまた、将来のコロナウイルスの発生に使用するための標準的な形式を提供します。これは、DGの声明で支持された懸念の現実の影響が損なわれているため、WHOの側では称賛に値します。 これらの例をいくつか見てみましょう。」

「豚インフルエンザ」の事例を覚えていますか? このウイルスのまれな株は、2009年に世界の豚肉事業を揺るがした人間、豚、鳥のインフルエンザのハイブリッドであり、米国市場に大きな影響を与えた壊滅的な被害をもたらしました。 これにより、中国、ロシア、ウクライナがメキシコや米国の一部からの豚肉の輸入を禁止し、通常の春の米豚価格の上昇を妨げました。 デモイン郊外のペリーで600頭の豚を経営している72歳の農民、フランシスギルモアが言ったように、

「それは私たちの市場を殺しています...彼らの名前がついたところで、私は知りません。」

このウイルスはその後WHOによってH1N1に改名され、特に北米およびラテンアメリカ大陸で国々に悪影響を及ぼし、GDPの0.5%〜1.5%を犠牲にしたと推定されています。

SARSパンデミックはどうですか? 2002年/ 2003年の大流行の間、サービスを中心に経済を展開していたシンガポールへの影響はひどい打撃を受けました。 観光だけでGDPの8%から10%を占めており、旅客数が68%も大幅に減少していることがわかりました。 完全な影響が感じられた4-6月の四半期中、経済は前年比4.2%と急激に縮小した。

韓国は中東呼吸器症候群(MERS)の発生からひどく打撃を受けた国です。 その観光業界では、この期間内に26億米ドルの損失が見られました。非市民の訪問者の減少に関連する宿泊、飲食サービス、および輸送部門の推定損失の原因は、それぞれ5億4,200万ドル、3億5,900万ドル、1億600万ドルでした。 。 しかし、この病気は韓国に特有のものではありません。 2012年、サウジアラビアの居住者で初めて発見されました。 韓国のほか、27か国で発見されています。 それ以来、WHOによってMERS-CoVに名前が変更されました。

ニュースが出回っているため、コロナビール(コロナウイルスとはまったく関係ありません)の売り上げがヒットしたようです。 アメリカのビールを飲む人を対象にした最近の調査では、質問された人の38%はコロナビールを購入せず、16%がコロナウイルスがコロナウイルスに関連していると混乱していることがわかりました。 しかし、これはその後、Corona Beerの所有者であるConstellation BrandsのCEOからのPRによって暴かれた。

間違いなく、ほとんどの世界的流行からの汚名は現実的で破壊的です。 中国の武漢省から発せられるコロナウイルスについての簡単な知識でさえ、世界中の中国のコミュニティは人種差別事件と彼らのビジネスへの劇的な影響を報告しています。 米国からカナダのトロントまで、中国系カナダ人のレストラン所有者がビジネスの最大30%の急激な減少を報告し、英国とオーストラリアはコロナウイルスの恐怖に対して迅速な社会的反応を見せ、シドニーのチャイナタウンは通常の訪問者の群れに見捨てられたと伝えられています英国で記録された中欧の近隣諸国に対する多数の人種差別的事件。

WHOの事務局長が武漢コロナウイルスの名前をCovid-19に変更した際に明らかに与えられたこれらの汚名と人種差別の明確な事例を考えると、エボラウイルス病の名前は同じになります。 しかし、はっきりとわかるように、現在コンゴ民主共和国としてマッピングされている場所の川にちなんで名前が付けられたウイルスは、すぐに消えることはありません。

他の症状の中で原因不明の出血、出血、あざなどの病気の性質上、エボラ出血熱(EHF)と最初に確認されました。 WHOは、以前の名前からエボラウイルス病(EVD)に名前を変更することを決定する際に、単に文字をいじることに決めたと言えます。 EVDは、ウイルスの起源に焦点を当てる場合、コンゴのエボラを起源とするウイルスであることを明確に示しています。この場合、武漢コロナウイルスは中国の武漢省を起源としています。

これが二重基準の明らかなケースであると言った場合、特に記者会見中にDG世界保健機関自身が発行した公式声明から判断すると、間違いではありません。 DGが中国の武漢省に由来するコロナウイルス株の名前の変更を発表したこの歴史的な日付で、彼はエボラウイルス病を繰り返し「エボラ」と呼んだのは皮肉ではありませんか? これは発音の便宜のためか、その他のものですか? まあ、その質問はDG自身がよりよく答えるでしょう。

ガチョウにとって良いことは、ガンダーにとっても同様に良いことです。WHOはこれをすでに知っており、ウイルスの一般名を武漢コロナウイルスからCovid — 19に改名した際に観察された迅速さを複製することで、名誉の道を踏襲する必要があります。一見したところ、またはこの流行について言及したことからウイルスが